大切な住居を建てる上でのポイントを紹介するサイト

家を建てたいと思ったら!ここだけは注意したいポイント

収納スペースの取り方に注意しよう!

家造りは間取りやデザインなどに思いが行きがちですが、間取りを決める時などにも常に意識しておきたいのが収納スペースです。

オープンで収納が見えにくいお洒落なデザインが人気ですが、収納スペースをある程度確保していないと、後々別でクローゼットなどを用意することになり結局雑然とした雰囲気になることがあります。

物を少なくしてコンパクトに見えるよう維持したい場合は収納についてはよく考えた方が良いでしょう。

どこに、どんな種類のものを収納するのかまでシュミレーションしておけると更に良いです。

日当たりやスペースの広さなど、収納するものによって適した収納があれば長くきれいにまとめられた雰囲気を保つことが容易になります。

あとで収納グッズを足せば良いのですが、ちょっと頭の隅に置いておいて工夫してみるとより良い住まい造りの助けになるでしょう。

欠陥住宅にならないために!

せっかく購入した家が欠陥住宅だったらショックですよね。
あってはならないことですが、必ず無いとは言い切れないトラブルです。

通常、家を建てたその時に分かるような欠陥は少なく、大体が建ててから1、2年で現れてくることが多く気付かずに住んでいるケースもあります。

多くの工務店では、数年ごとに点検を行うことがほとんどなので、工務店との打ち合わせの時には念のためにその点も確認しておくと良いでしょう。
施工が原因の欠陥だと分かった場合は無料で対処してもらえるので忘れず聞いておきたいですね。

施工原因の欠陥として、家を建ててから比較的早く現れる瑕疵としては、壁や床のシミや、壁のひび割れなどです。

欠陥が現れた場合は、なるべく早めに施工業者に問い合わせるようにしましょう。